古い家を売る際に気をつける事~リフォームしてから売却?

相続や親の家などを今後どうするかについては、家族で話し合いをしておかなければいけないのですが、実際にはあまり考えていない事も多いのではと思います。特に「古い家を売る」「解体する」「管理する」など、どのようにするのかは考えておかないと後で苦労することになります。今回は古い家を売る際に気をつけておくべき事について紹介したと思います。

古い家を売るならリフォームしてからの方が良い?

古い家を売る際に、「こんなぼろぼろの家、誰も買わない」と感じている場合、リフォームした方が良い?と考えてしまいそうですよね?

普通に考えて、古い家に住むよりも、新しい家に住みたいと考える人も方が圧倒的に多いので、キレイにリフォームしてから売却した方が売りやすいとは思います。

しかし、リフォームをした場合、リフォームにかかった費用を上乗せして売却しないといけないので、価格が高くなってしまいます。上乗せした価格が、付近の相場と比較しても高過ぎない価格で、リフォームすることで他との差別化ができるならリフォームした方が良いですが、相場よりも大きく高い価格で売り出す事になるなら、一旦リフォームするのは検討した方が良いでしょう。

その価値を分かってもらえる買主を見つけれるのであれば、売れる可能性があるので良いのですが、買主は、周辺の相場を加味して、大体の購入金額を決めているので、相場よりも高過ぎると、価格面で合わないので購入に至る可能性が低くなってしまいます。

また、初めから古い家を探している方の中には、自分の趣味やライフスタイルに合ったリフォームをしたいと考えている人もいます。そういった方にとって、先にリフォームされている家は購入する選択肢から外れてしまいます。

上記の事を踏まえて総合的に考えると、リフォームすることで、買主を狭めてしまう事に繋がり、売れにくくなる場合もあるので、リフォームを考える前に、不動産屋に相談に行くことをオススメします。

リフォームせずに売れるのか?古い家をどうやって売ればいい?

もし、「古い家なのでそのままでは絶対に買い手がつかない!」とどうしても思ってしまう方は、不動産売却業者の中で、自社でリフォームやリノベーションを行っている会社に相談してみる事をオススメします。

リフォームやリノベーションを自社で行っている会社であれば、どのようなリフォームが好まれるかも分かっていますし、リフォームしてきた実績もあるはずです。

売却する古い家をリフォームしてから売った方が良いのかについても、これまでの経験から相談にのってくれるので参考になる可能性が高いです。

また、古い家を購入してリフォームしたいという買主に対して、この家をリフォームすると、こんな感じになる等、説明しやすいので、もしリフォームせずに売る事になったとしても、買い手を納得させやすいメリットがあります。

買い手からしても、自社でリフォームを行っている会社から説明されれば、説得力もあるので安心して購入しようという気になりやすいはずです。

一つ紹介しておくと、東京建物では自社でリフォームを手がけているようです。東京建物不動産販売株式会社では売る、貸す、リフォームと、どうしたらいいか迷っている方にむけてトリプル査定なども行っています。建物が古くなるとリフォームの需要も多くなる事から、このような査定をしているのだと思います。

まとめ

古い家を売る場合、「リフォームした方が…」と考えてしまうのは良くわかりますし、場合によってはリフォームした方が絶対によい物件もあると思います。しかし、それは自分の考えだけで決めず、不動産会社に相談の上決めた方が良いでしょう。リフォームしなくても売れるならその方が良いですし、リフォームする場合もアドバイスをもらった方が失敗しにくいはずです。

また、古いと言っても程度がありますし、どのような状態で他の人が売却しているかも、わからないので業者に相談することで、これくらいであれば、壁紙を張り替えたり水廻りのハウスクリーニングで大丈夫などアドバイスをくれるはずです。

COPYRIGHT© 2014 古い家を売る際に気をつける事 ALL RIGHTS RESERVED.